【法人向け】YouTubeコンサルとは|企画・動画制作・運用

YouTubeコンサルとは

YouTubeコンサルとは、文字通りYouTubeに知見のある人材が、コンサルタントとしてYouTubeを支援することです。

近年、集客や認知の拡大のためにYouTube運用を行い、成果を上げている企業が増えています。

法人としてYouTubeチャンネルを運用することが年々一般化してきており、YouTubeチャンネルの運用はWebマーケティングにおいて常識になりつつあります。

しかし、YouTubeチャンネルを効率的に運用するためにはノウハウや経験が必要であり、ノウハウが無ければ一方的に運用費用がかかり続けます

そこで本記事では、YouTubeコンサルの業務内容や依頼するメリットについて網羅的に解説します。

YouTubeコンサルを依頼した上でのYouTube運用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

目次

YouTubeコンサルとは?

YouTubeの具体的なコンサルティング

YouTubeコンサルとは、YouTubeを用いたマーケティング戦略上のアドバイスを行う仕事、人材のことです。

YouTubeコンサルの仕事には、YouTubeチャンネルを運用するYouTubeチャンネルコンサルティング」と、YouTube広告の運用を行う「YouTube広告コンサルティングの2種類があります。

ここでは、それぞれ仕事内容と費用の相場について解説します。

YouTubeチャンネル運用コンサルティング

YouTubeチャンネル運用のコンサルティングは、下記の3種類があります。

  • 全体コンサルティング
  • アドバイザー型
  • 動画制作(動画編集)代行型

それぞれの業務内容について解説します。

全体コンサルティング

全体コンサルティングは、チャンネルの設計からコンテンツの企画立案、制作やアップロード後の分析・改善までサポートするコンサルティングです。

コンサルタントのノウハウをYouTubeチャンネルに直接反映させられるため、早い段階で成果を出せる可能性が高いコンサルティングになります。

また、YouTubeチャンネル運用に関わるほぼすべての業務を依頼できるため、社内でYouTubeチャンネル運用のリソースを割けられない会社に向いています。

アドバイザー型

アドバイザー型のコンサルティングは、社内の担当者がYouTubeにおける業務を行い、それに対してアドバイスやフィードバックを行うコンサルティングです。

社内でYouTube運用のリソースを準備する必要があるものの、主体的に動きながらコンサルタントの知識を取り入れられます。

そのため、必然的に社内にYouTube運用のノウハウが溜まりやすいことが最大のメリットです。

将来的には、YouTube運用を完全に内製化したい会社や、ある程度YouTubeチャンネルの運用にリソースを割ける会社におすすめです。

動画制作(動画編集)代行型

動画制作(動画編集)代行型では、YouTubeにアップロードする動画の制作のみを依頼できます

基本的には、その他一切のYouTube運用における支援はありません。

社内にある程度YouTubeのノウハウがある場合や、高い動画のクオリティを担保したい企業に向いています。

なお、弊社(株式会社ノックス)の動画制作代行型コンサルティングでは、制作のみならず、YouTubeへの動画アップロード業務や、動画に対するフィードバックも適宜行います

したがって弊社のYouTubeコンサルティングは、社内主導でYouTubeの運営を行いつつ、制作に関わる業務を任せたい企業におすすめです。

YouTubeチャンネルのコンサルティング費用

YouTubeチャンネルのコンサルティングを依頼する場合、月額50万円程度が必要です。

多くの場合、半年以上の契約期間があることにも留意しましょう。しかし、依頼する業務の範囲や工数によって費用は変動します。

弊社(株式会社ノックス)もYouTubeコンサルの豊富な実績があることに加えて、23,000円~コンサルをいたします

事実として、業界相場と比較して非常に安価にYouTubeコンサルティングをご提供可能です。

下記の記事では、YouTubeチャンネルのコンサルティングでご依頼いただける詳細な内容や契約期間などについても解説しているので、ぜひ本記事と併せてご覧ください。

YouTubeコンサルの費用はいくらから?【動画制作代行も解説】

YouTube広告コンサルティング

先程、YouTubeのチャンネルコンサルティングについて解説をしました。

YouTubeコンサルには、広告のコンサルティングも存在します

YouTubeの広告コンサルティングでは、広告出稿とその管理が主な業務になります。YouTube広告は、チャンネル運用と同様に非常に専門性が高い領域です。

そのため、アカウント作成やクリエイティブの制作、効果検証までを一貫して依頼することが望ましいです。

ここでは、YouTube広告コンサルティングに依頼できる業務内容を解説します。

YouTube広告のアカウント作成

YouTube広告を出稿するのに必要な、広告アカウントの作成を行います。

広告アカウントを作成する際は、競合調査や分析結果をもとに、広告出稿対象のターゲットの決定やキャンペーンの設定などを行います。

広告用の動画を制作

YouTubeの動画広告に利用する動画を制作します。

YouTube動画広告は大きく分けて3種類あり、それぞれで必要な動画の長さが異なります。

  • スキップ可能なインストリーム広告:30秒以上の動画
  • スキップ不可能なインストリーム広告:15秒の動画
  • バンパー広告:6秒間の動画

目的やコンバージョン先によって、どの形式の広告が最も適切かを選ぶとともに、効果の出やすいクリエイティブを作成します

効果検証のPDCAを回す

YouTube動画広告を出稿後、効果検証のPDCAサイクルを回します。

広告出稿において最も重要なのは、広告出稿後にこまめにPDCAサイクルを回して最適化を図ることです。

YouTube広告のコンサルタントは豊富な知識を持っているため、適切なPDCAサイクルを回し、最短で高い成果を挙げられます。

なお、弊社(株式会社ノックス)もYouTubeの動画広告のコンサルティングを得意としており、過去にはROAS2,000%を出した事例も持っています

※ROAS:広告に対してどれだけの売上が出たかを表す指標(売上÷広告費×100%)

YouTube広告コンサルティングの費用

YouTube広告のコンサルティングにかかる費用は、毎月の運用費用の20%が相場です。

それに加えて、広告用の動画の制作時に、単発で10万円程度がかかります。

もちろん、求める動画のクオリティによって動画制作の費用は変動しますが、最低10万円からの制作が可能と考えておくと良いでしょう。

したがって、月額広告費が200万円の場合のYouTube広告コンサルティングの費用は、20%の40万円がコンサルティング費用になるイメージです。

YouTubeコンサルに依頼すれば運用を内製化できるのか

YouTubeの内製化

YouTubeコンサルを依頼すると、将来的に運用の内製化が可能です。

YouTubeチャンネルを内製化する場合に必要な要素と、一般的な流れは下記の通りです。

  1. アカウント設計
  2. 動画の企画立案
  3. 動画台本作成
  4. 動画作成
  5. 動画編集・サムネイル制作
  6. 動画のアップロード
  7. 公開動画のアナリティクス分析と次回以降の改善
  8. 2~7の繰り返し

正しいノウハウをもとに、この流れを社内で行えるようになれば十分内製化は可能です。

ただし、動画の編集やサムネイル制作には一定のスキルが必要な上に、非常に工数がかかります。

そのため、動画編集とサムネイル制作に関しては外注し、その他のYouTube運用を内製化することがおすすめです。

また、内製化コンサルを依頼する場合、一般的には月額40万円ほどの費用が必要であり、半年以上の契約期間が設けられます。

一方、弊社(株式会社ノックス)のYouTube内製化コンサルは、月額20万円で対応可能です。

内製化コンサルで提供できる具体手な内容に関しては、下記の記事で解説をしています。

【企業向け】YouTube動画運用の内製化の方法【メリット・デメリット】

経験豊富なYouTubeコンサルが対応するので、一般的な内製化コンサルと比較して、早期に内製化が可能であることが特徴です。

契約期間の縛りも設けていないので、予算に応じて柔軟に対応させていただきます。

いち早くYouTubeチャンネルの運用を内製化したい場合は、弊社(株式会社ノックス)のYouTube内製化コンサルをご検討ください。

なお、弊社(株式会社ノックス)のYouTubeコンサルタントの経歴や強みに関しては、下記の記事でご紹介しています。

YouTubeの現役集客コンサルタントが解説【マーケティングと集客】

YouTubeコンサルに依頼して得られる具体的なメリット

YouTubeコンサルに依頼するメリット

ここまで、YouTubeコンサルができることや内製化について解説しました。

YouTubeのコンサルタントは集客に関する知見が豊富であるため、依頼すると得られるメリットも非常に大きいです。

ここでは、YouTubeコンサルに依頼をして得られる下記2つのメリットについて解説します。

  • 会社の集客数・売上が伸びる
  • 認知が高まりインフルエンサーになれる可能性がある

会社の集客数・売上が伸びる

YouTubeコンサルティングを依頼すると、早い段階でYouTube経由での集客が可能となり、会社全体の売上が上がります。

また、売上が伸びることで従業員への給与を増やしたり、新たな広告戦略を打ち出したりといった、会社を長期に渡って安定させられる施策を実行できます

YouTubeにビジネスとして取り組む以上、まずは「数字を追求し続けること」が大切です。

費用対効果を重要視し、会社全体を永続的に繁栄させられるYouTubeチャンネルをコンサルタントともに構築しましょう。

なお、YouTubeコンサルに依頼をすれば、効率良くチャンネル登録者を増やせます

具体的な施策は下記の記事で解説していますので、本記事と併せてご覧ください。

YouTubeのチャンネル登録者を増やす7つの方法【本質を解説】

社員や会社全体の認知が高まりインフルエンサーになれる可能性がある

YouTubeコンサルティングを依頼すると、効率良くチャンネル登録者や視聴回数を増やせます

その結果、出演する社員や会社の認知度が高まり、インフルエンサーになれる可能性も高まります。

インフルエンサーとは、特定の領域において、特に強い影響力を持った存在のことです。

インフルエンサーになることで、会社の信頼性や権威性を得られるため、商品やサービスに対する信頼を得られるのです。

また、採用に力を入れている会社は、YouTube経由で採用を行うことでコストカットに繋がり、大幅に利益率を高められる可能性もあります。

有益なYouTubeコンサルの見分け方

多くのYouTubeコンサルの中から、有益なYouTubeコンサルを選ぶことは非常に難しいです。

有益なYouTubeコンサルを見分ける際に、確認すべきポイントは下記の通りです。

  • 自社チャンネルでマネタイズができているか
  • 業界相場より少ないコストで売上を伸ばせているか
  • 柔軟に対応してくれるか

特に自社のYouTubeチャンネルで、マネタイズや採用が実現しているかは必ず確認しましょう。

チャンネル登録者や視聴回数などの数字が多いほど、外から見れる数字のため魅力的に感じます。

しかし、ビジネスでYouTubeチャンネルを運用する以上、マネタイズに繋がらなければどれだけ再生数を稼げても無意味です。

極端な話、チャンネル登録者が1名だとしても、その1名をYouTube経由で利益に繋げられるYouTubeコンサルは有益と言えます。

現に、弊社のYouTubeチャンネル(WEB集客専門チャンネル)では、チャンネル運用開始から1ヶ月で3件のリードを獲得し、成約に繋げています

最速でYouTubeチャンネルをマネタイズしたい場合は、ぜひ一度株式会社ノックスまでご相談ください。

まとめ:YouTubeコンサルに依頼してYouTubeを伸ばしましょう

YouTubeはコンサルタントに依頼する

本記事では、YouTubeコンサルの主な業務内容やできること、依頼するメリットについて解説しました。

YouTubeは、ノウハウや知識を無くして伸ばすことは非常に困難です。

YouTubeコンサルへの依頼を踏みとどまった結果、長期に渡ってYouTubeの結果が出ず、費用だけかかり続けることも少なくありません。

確実にYouTubeから売上を伸ばし、採用や永続的な事業繁栄を望んでいる場合は、YouTubeコンサルへの依頼を積極的に検討しましょう。

YouTube運用の基本を
すべてまとめた無料資料はこちら

この記事のシェアでWeb相談30分無料!
  • URLをコピーしました!
目次
トップ
目次
閉じる