【担当者向け】ホームページ制作のフロー(流れ)と期間を5分で完全解説

ホームページ制作のフロー

ホームページは売上や集客に直結するマーケティングツールであるため、気合を入れて制作することで、今後の永続的な事業繁栄に繋がります。

とはいえ、ホームページ制作のフロー(流れ)や手順は多岐にわたるため、ホームページ制作の知識がない企業にとっては、まず何から始めればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ホームページ制作のフローを知りたい方に向けて、実際の流れや確認したほうが良いこと、ホームページ公開後の集客対策をご紹介します。

また、それぞれの流れにおける担当者様のタスクも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

ホームページ制作の全体フローは見積もりを取ることから

ホームページ制作のフローは見積もりを取ることから

良いホームページ(WEBサイト)を作るためには、そもそもホームページを制作するにあたって、どの程度の費用が必要であるかを確認する必要があります

見積もりを取らず、費用を確認しない状態で発注してしまうと、発注した後に「これだけ費用がかかるなんて思わなかった」という事態になりかねません。

また、相場から逸脱した費用で発注してしまうと、希望のデザインやイメージとまったく異なるホームページができてしまい、結果的に集客にまったく繋がらなくなる恐れもあるのです。

それらを回避するため、ここではホームページ制作の見積もりを取る流れと、実際に必要なホームページの費用相場について解説します。

ホームページ制作の見積もり工程は3ステップ

ホームページ制作の見積もり工程は、下記の3ステップです。

  1. 依頼する内容を大体で良いので決める
  2. 制作会社に連絡する
  3. 見積もりを確認し、契約と発注をする

ホームページ制作の見積もりを行ってもらう前に、自社で依頼する内容を大体で良いので決めておきましょう。

また、自社でドメインの取得やサーバー、ツールの契約が済んでいる場合は、それらも制作会社に伝えます。

ドメインやサーバーの契約を制作会社に一任すると費用が上乗せされますが、上記をすでに契約済みであれば費用を抑えられます

なお、専属の担当者様がいない場合や、そもそもどういったホームページにすれば良いのか分からない場合は、集客に特化しているホームページ制作会社に、全体の概要から悩んでいる点を相談することが大切です。

ホームページは企業の顔となり、顧客の印象を大幅に左右します。

そのため、ホームページ制作に知見のない方が想像で考えるよりも、知見や実績のあるWEB制作会社に相談したほうが確実に結果が出る可能性が高いです。

Web制作会社に連絡した後に見積もりが上がってくるまでのスケジュールとしては、約1〜2週間です。

なお、弊社(株式会社ノックス)では、参考イメージや既存のホームページのURLを送っていただければ、2営業日以内にお見積りをお出しする無料のクイック見積もりサービスを提供しています。

早期でのリニューアルスケジュールをご検討している方や、今すぐにホームページを用意したい方はお気軽にご連絡ください。

ホームページ制作の費用相場

一般的なホームページ制作の費用相場は、ページ数や人件費によって異なることが多いものの、10ページ未満であれば50万円程度で制作可能です。

具体的に、ホームページ制作に必要な見積もり項目は下記のとおりです。

  • サーバー・ドメイン費用
  • 市場調査や競合調査
  • 要件定義書作成
  • SEOキーワード選定
  • CMS導入費用
  • ワイヤーフレーム作成費用
  • PCデザイン(TOP・下層)
  • スマホデザイン(TOP・下層)
  • コーディング(PC・スマホ)
  • 画像作成費用
  • ライティング費用・ディレクション費用
  • 運用テスト

上記の金額はあくまで相場ですので、参考程度に認識しておき、自社の予算に合った費用や必要なホームページ内容に合わせて検討しましょう。

なお、ホームページの費用は、どこまでの素材を用意してもらうのかによっても異なります

自社で画像や資料、構成イメージなどの参考素材を用意するのか、すべて制作会社に任せるのかによって費用が大幅に変わります。

できる限り費用を抑えたい場合は、希望の想定イメージはもちろん、画像(写真)や資料などの素材を自社で準備した上でホームページ制作を依頼しましょう。

ホームページ制作の見積もり段階で確認するべきこと

ホームページ制作の見積もり段階では、必ずホームページの「保守管理費用」の話が出てくるかを確認しましょう。

保守管理とは、制作後にホームページを継続的に更新したり、セキュリティ面を守ったりするために必要な費用のことです。

つまり、ホームページ制作フローの最終段階が保守管理になります

ホームページ制作は作って終わりではなく、制作後も集客のために様々な施策を講じることが必要です。

だからこそ、制作後の運用を適切に行うためにも、保守管理費用の話が出てくるかを確認することが大切です。

加えて、保守管理費用は制作会社によって大きく異なるので、一般的な業界相場を知っておく必要があります。

下記の記事にて、ホームページの保守管理費用を解説しているので、本記事と併せて参考にしてください。

ホームページの保守管理費用はいくらから?【相場と見極め方を解説】

なお、株式会社ノックスでは集客に特化したホームページ制作を提供しており、上述した内容のすべてを55万円(税込み)の範囲内で対応可能です。

業種業態問わず集客を成功させてきた実績があるため、今後の経営を安定させるためのホームページをお作りします。

また、保守費用は月額25,000円〜と安価な料金なので、集客を最大化させたい企業や、できる限り予算を抑えてホームページを制作したい場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ホームページを制作する細かな工程を解説

ホームページの制作工程

実際に、ホームページを制作する細かなフロー(工程)は下記の4ステップです。

  • ホームページの企画設計(仕様書や構造の確認)
  • デザイナーによるデザイン
  • 実際の開発
  • テストと公開

ここからは、上記の細かな工程や構築方法、各フェーズにおいて、担当者様が行うべきタスクをご説明します。

ホームページの企画設計

ホームページを制作する工程の1ステップ目は「企画設計(仕様書や構造の確認)」です。

企画設計を間違えると誰にも刺さらないホームページができ上がるため、ホームページを制作した後の集客のためにも、一番重要な工程になります。

ホームページの企画設計をより良いものにするためには、主に下記3つを行います。

  • ペルソナ設定
  • 作成するページ内容の決定
  • メインターゲットキーワードの設定

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ペルソナ設定

ペルソナ設定を行うことで、自社のホームページで集客したいユーザー像が明確になり、自社の売上が増えることに繋がります

ペルソナで決めるべき内容は下記のとおりです。

  • 名前
  • 年齢
  • 場所
  • 職業
  • 平日・休日の過ごし方
  • 悩みの内容

なお、ペルソナをイメージする際は、空想上の人物の特徴のみを作っても意味はありません。

大切なことは、ペルソナの「具体的な行動」まで落とし込むことです。

なぜなら、ホームページはボタンの位置やデザイン、具体的なコンテンツやコンセプトの内容が集客のための鍵となるためです。

その際、想定したペルソナが起こすであろう行動を上記に当てはめることで、ペルソナがお問い合わせしやすいホームページを完成させられます

また、次以降の流れであるデザインの決定に関しても、ペルソナが決まっていることでスムーズに進められます。

したがって、ペルソナは特徴のみならず、ホームページ上で起こすであろう具体的な行動にまで落とし込むことが大切です。

担当者(クライアント)様タスク

ペルソナイメージを制作会社からヒアリングし、議論すること

作成するページ内容の決定

次に、ホームページにどういったページが必要なのかを決定しましょう。

「会社の概要を伝えるページ」「お問い合わせページ」「事業内容ページ」など、自社がホームページを作成する目的によって必要なページは異なります。

ページの内容を決定する際は、前述したペルソナの具体的な行動に合わせて、求めている情報をページ内に落とし込むことが重要です。

なお、集客のために必要なページが不明瞭な場合は、経験豊富な制作会社に相談しながら進めることも大切です。

その際、制作会社にプロジェクト自体を丸投げするのではなく、より良いホームページを制作するための議論を一緒に進めましょう。

担当者(クライアント)様タスク

自社の強みを明確にページに落とし込めるよう、制作会社と議論すること

メインターゲットキーワードの設定

具体的なページ内容が固まれば、メインターゲットキーワードの選定を行います。

ペルソナが検索しそうであるキーワードを洗い出すことで、ページの具体性やユーザーへの刺さり具合が段違いに変わってきます。

たとえば本記事であれば、弊社(株式会社ノックス)は「ホームページ制作 フロー(流れ)」というキーワードを狙っています。

上記で検索したユーザーに対して、求める情報や潜在的な悩みを洗い出し、必要な情報を盛り込むことで検索上位を実現しています。

メインターゲットキーワードを設定する際は、検索ボリュームが10,000件以上のキーワードは狙うべきではありません

たとえば「学習塾」や「結婚式場」などの単体キーワードです。

そこでおすすめなのが「エリア×業種」のキーワードになります

「浜松市×YouTubeコンサル」のようなキーワードを狙うことで、ある程度検索ボリュームがありながらも、比較的上位表示が実現しやすいことが特徴です。

※ちなみに弊社は上記のキーワードでSEO1位です。

自社の事業エリアや業種に合わせて、上記のメインターゲットキーワードを決定しましょう

担当者(クライアント)様タスク

制作会社が選定したキーワードの把握

デザイン

ホームページ制作工程の2ステップ目が「デザイン」です。

ターゲットが求めているデザインは、ホームページの印象を左右する重要な要素です。

基本的にはホームページ制作会社のデザイナーがデザインを決定し、それらを確認する流れとなります。

なお、デザインをターゲットが求めるものに近づけるには、主に下記2つを行います。

  • サイトディレクトリの決定
  • デザインのワイヤーフレーム作成

それぞれ順番にご説明します。

サイトディレクトリの決定

まずは、サイトディレクトリを決定しましょう。

サイトディレクトリとは、サイト内にあるファイルを分類・管理するためのフォルダのことです。

また、サイトディレクトリには「階層」と呼ばれる仕組みがあり、基本的にはTOPページが第1階層、会社概要ページや事業内容ページが第2階層になります。

  • 第1階層:https://example.com
  • 第2階層:https://example.com/company

ホームページのサイトディレクトリは、Googleが推奨している3階層までに抑えることが重要です。

3階層までに抑えることで、全ページに2クリック以内で到達でき、Googleのロボットやユーザーが、ホームページ全体の内容を把握しやすくなります。

また、インデックスまでの時間も短縮される傾向にあるため、早期にアクセス解析を始められるメリットがあります。

サイトディレクトリを理解した上で運用するためにも、不明点は制作会社に積極的に質問しながら進めましょう

担当者(クライアント)様タスク

特になし。

デザインのワイヤーフレーム作成

サイトディレクトリが決まったら、次はデザインのワイヤーフレームを作成する流れです。

ワイヤーフレームとは「画面設計図」のことで、ページごとにどのような内容を記載していくのかを明記します。

ワイヤーフレームを用いることで、ページ内容の情報整理が簡単にでき、自社メンバーとの共有や理解が促進されます。

また、次の流れでは実際の開発に移りますが、デザインの最終確認としてもワイヤーフレームは有用です。

開発後に「やっぱり〇〇のページが欲しかった」「作成した〇〇のページを削除したい」などとなると追加費用が上乗せされるので、ワイヤーフレームの段階でデザインを再確認することが大切です。

担当者(クライアント)様タスク

ワイヤーフレームの確認と、要望があれば随時伝える。

実際の開発

ホームページを制作する工程の3ステップ目は「実際の開発」です。

開発は、2ステップで行ったデザインを基に、実際にホームページを制作する段階になります。

また、ChromeやSafariなど、異なるWEBブラウザでも適切に表示されるようデザインを整えていきます

実際のホームページの制作工程は下記のとおりです。

  • SEOを施したコーディング
  • SEOライティング
  • ホームページに掲載するメールアドレスや電話番号などの確認

SEO対策を施したコーディング

まず、レスポンシブデザインと呼ばれる、Googleが推奨する方法に則ってホームページをコーディングします。

コーディングをすることで、WEBブラウザ上でスマートフォンやPCなどのデバイスを問わず、整った見やすいデザインにてホームページが表示されます。

また、Googleのロボットがホームページの内容を理解しやすくなるため、SEO集客にも効果的です。

デザイン以外にも、テキストの装飾もHTMLやCSSといった言語で構築されるので、これらもSEOに最適化して行っていきます。

担当者(クライアント)様タスク

特になし。

SEOライティング

ライティング(文章)は、ペルソナにお問い合わせをさせるためにも非常に重要です。

自社の魅力が最大限に伝わる要素こそ文章であるため、ライティング実績のある制作会社への依頼を優先的に検討しましょう。

また、ライティングは単にユーザーに刺さることを目的の達成とするのではなく、Googleが理解しやすいようSEOに最適化させることも重要です。

なぜなら、文章の内容をGoogleが理解できなければ、検索上位を獲得することはできず、結果誰にも見られない文章となってしまうためです。

ユーザー、検索エンジンの双方に最適化させるため、SEOライティングはホームページを制作する流れの中でも、特に重要視するべき項目と言えるでしょう。

なお、弊社(株式会社ノックス)では、累計2,000本以上のSEOライティングを承ってきた実績とノウハウを基に、圧倒的にお問い合わせに繋がりやすいライティングを提供します。

ホームページのSEO上位表示を実現し、集客を最大化させるホームページを制作したい方は、ぜひ一度株式会社ノックスにお気軽にご相談ください。

担当者(クライアント)様タスク

SEOライティングの確認。

ホームページに掲載するメールアドレスや電話番号などの確認

最後に、ホームページに掲載するメールアドレスや電話番号などの確認を行いましょう。

基本的には、会社が普段から使用しているメールアドレスや、電話番号を制作会社に伝えるだけで問題ありません。

なお、ユーザーはホームページ上にて、運営会社の代表取締役や社員、それぞれの経歴などが分かると、信頼感が増してお問い合わせしやすい傾向にあります。

また、近年のGoogleは、以前と比較してより「誰が運営しているホームページなのか」という部分を重要視しています。

その判断材料の1つとして上述した内容が必要であり、それらが掲載されていると検索順位をアップさせる傾向にあります。

実際に弊社(株式会社ノックス)でも、下記のようにライターと代表取締役の顔と経歴を載せています。

株式会社ノックスの運営者

結果的に、毎月リードを獲得することを実現しています。

そのため、会社概要ページに代表者挨拶を載せたり、スタッフの方の簡単な経歴や写真を掲載したりしましょう。

担当者(クライアント)様タスク

ホームページに掲載する情報を制作会社に伝える。

テストと公開

ホームページ制作の最終工程である4ステップ目は「動作テストと公開」です。

開発まで完了していれば、ホームページを検索エンジン上にアップでき、集客が見込めるようになります。

しかし、ホームページの公開前には、必ず下記の項目のテストを行うことが必要です。

  • 要望通りのデザインになっているか
  • リンク切れがないか
  • CMSの導入に不備がないか
  • サーバーやドメインが適切に動いているか

また、想定したペルソナがホームページを触ると仮定した際、足りないコンテンツがないか確認したり、ボタンの位置が適切であるかを確認したりしましょう。

これらの動作テストやシステム機能の確認が完了し、問題ないと判断すればホームページを公開します。

担当者(クライアント)様タスク

業者から納品されたデザインの確認。

公開後は社内と社外の関係者にホームページが公開されたことを知らせる。

保守管理運用のスタート

ホームページ制作のフェーズが終了すれば、保守管理運用のスタートです。

検索順位をアップする施策を講じたり、より洗練されたデザインへの仕上げたりする業務を行います。

また、セキュリティの観点からもホームページを守る必要があるため、ホームページ制作会社が適切にセキュリティを保守しているかの確認も大切です。

ホームページは、制作して終わりではありません

制作した後も、集客や売上に繋げるため、時代に合わせたデザインに修正したり、コンテンツを掲載したりする必要があります。

また、自社内でWEBに関する知見がない場合は、WEB集客に関して、積極的に制作会社から提案してもらう必要があるでしょう。

WEBに知見のない方がよく抱える悩みとして、「WEB集客が全然分からないのに、制作会社が全然提案してこない」といったことが挙げられます。

当然ながら、これらの悩みは制作会社が原因です。

弊社(株式会社ノックス)では、緊急要件発生時のサポートを24時間以内に開始することや、WEB集客に関するヘルプデスクサポートを無料で提供しています。

さらに詳しい保守運用に関しては下記の記事で解説していますので、本記事と併せてご覧ください。

ホームページの保守管理費用はいくらから?【相場と見極め方を解説】

ホームページを最短期間で公開できる流れは存在するの?

ホームページを最短で公開する方法

結論から申し上げると、ホームページを最短期間で公開できる流れは存在します

  1. ある程度のデザインまで作った状態でホームページ公開
  2. 公開後に適宜修正

上記の方法で制作を進めれば、公開後にデザインを適宜修正していく流れになるので、最短でホームページを準備して公開可能です。

弊社(株式会社ノックス)には「法人の銀行口座開設するために、ホームページを早めに公開したい」「売上や集客のために最短でホームページを公開したい」などの要望がよく届きます。

デザインを整えた状態で最短で公開しつつ、集客を実現したい場合は弊社にご相談ください

なお、ホームページ制作会社によっては、公開後の作業に関して有料(10万円以上)の費用がかかる場合があるものの、株式会社ノックスは無料で対応させていただきます。

ホームページを公開した後に対策したほうが良いこと

ホームページ公開後の対策

ここまで、ホームページを制作する流れや、最短期間でホームページを公開できる流れを解説しました。

ホームページは作って終わりではなく、公開した後の対策が重要になります。

ここでは、ホームページ公開後に優先的に対策したほうが良い下記2つをご紹介します。

  • SEO対策
  • デザインの継続的な改善

SEO対策

SEO対策は、ホームページ制作と一番相性の良い集客手段です。

SEO対策とは、自社のホームページを検索上位に表示させ、検索エンジン経由でユーザーを獲得する施策のことです。

SEO対策は、具体的に下記のメリットが挙げられます。

  • 購買意欲の高いユーザーを集められる
  • 中長期的にアクセスを見込める
  • ブランディング効果がある
  • 集客力が高い

SEO対策は、上記のように様々なメリットがあるものの、外注する場合は月額30万円以上の費用がかかります。(一般的な相場の場合)

また、外注で提出された納品物のチェック作業は非常に重要で、工数がかかることも事実です。

株式会社ノックスでは、初月50,000円でSEO対策や提出されたコンテンツのチェックも行っているので、業界相場よりも安価にSEOの魅力を感じていただけます

デザインの継続的な改善

デザインを継続的に改善することで、よりユーザーが求めるホームページへと仕上げられます。

また、GoogleはSEO評価の1つに「デザインの継続的な改善」を挙げているため、上述したSEOでも効果を見込め、集客に繋がりやすいホームページへとブラッシュアップできます。

制作会社と保守契約を結ぶ場合は、毎月デザインを改善したり、新たなコンテンツを公開したりしてくれます。

また、株式会社ノックスもWEBマーケティングの観点から、具体的なデザインの改善提案や作成したほうが良いコンテンツを提案します。

繰り返しとなりますが、ホームページを制作する最終の流れは保守管理であり、集客には欠かせない重要な要素です。

作って満足するのではなく、自社が得たい目的の達成に合わせて継続的に改善を図ることを推奨します

株式会社ノックスのホームページ制作

株式会社ノックスのホームページ制作

株式会社ノックスでは、集客に特化したホームページ制作を提供しています。

数え切れないほどの競合が存在する現代において、ホームページは必須のマーケティングツールの1つです。

ただ単に「ホームページが存在するだけ」「何も対策していない」という殿様商売は、現代では通用しないことが分かるのではないでしょうか。

株式会社ノックスは、お客様の永続的な事業繁栄のためのホームページを制作し、「お問い合わせが来すぎて対応できない」という状態を実現させます。

55万円(税込)〜にてホームページを制作しますので、集客を最大化させたい方、売上を伸ばし会社としての明るい未来を手に入れたい方は、まずは無料でご相談ください。

まとめ:ホームページ制作は1つ1つのフローを丁寧に行いましょう

本記事では、ホームページを制作するフロー(流れ)や、具体的な注意点を解説してきました。

ホームページ制作のフローは1つ1つが専門的であり、WEBに知見のない企業が自社のみで完結させることは困難です。

そのため、1つ1つのフローや構築方法を理解した上で、価値のあるホームページを制作できる実績豊富な制作会社を選ぶことが重要です。

株式会社ノックスは、顧客と顧客の繋がりに寄り添い、企業が求める結果を出すための本質的な価値を追求したホームページを制作いたします

集客を徹底的に強化したい方、ホームページを通して今後の安定的な経営を実現したい方は、一度株式会社ノックスに無料でご相談ください。

YouTube運用の基本を
すべてまとめた無料資料はこちら

この記事のシェアでWeb相談30分無料!
  • URLをコピーしました!
目次
トップ
目次
閉じる